デリケートなアンティーク家具!どうやって手入れをすれば良い?


基本的には乾拭きが中心

アンティーク家具のお手入れは基本的に、乾拭きを中心に行っていきます。アンティーク家具には主に木材と金属が使用されていて、いずれも水分に弱いです。水分が付着すると木材はカビが発生しやすくなり、金属は錆びる可能性が高くなります。そのため、水を使用しなければならないお手入れが必要になる前の段階で、こまめに汚れを取っておきましょう。もし、乾拭きでは落とせないような汚れが付着してしまっているのであれば、固く絞った布でその汚れを取り除いた後、乾拭きをして水分をしっかり取り除くことが大切です。

洗浄力が強すぎる道具の使用はNG

一般的な家具用の洗剤には、洗浄力が高いものがありますが、そのような洗剤をアンティーク家具に使用するのは良くありません。アンティーク家具は経年劣化によって、味のある雰囲気となっています。そのアンティーク家具に強力な洗剤を使用すると、変にきれいになりすぎてしまう恐れがあります。特に真鍮素材に強い錆落としを使った場合、アンティークらしくない光沢が出てしまいます。また、メラミンスポンジなど、汚れをしっかりと落とせる道具もありますが、デリケートなアンティーク家具を傷付けてしまう恐れがあるので、使わないようにしましょう。

ワックスを使用する手もある

木製のアンティーク家具の手入れをする際には、仕上げにワックスあるいはオイルを使用するという方法もあります。定期的に塗り込むことで、アンティーク家具の状態を維持してくれます。ワックスとオイルは固形と液体と言う違いがありますが、役割は同じです。家具に染み込んで湿気や乾燥を防いでくれると共に、アンティーク家具の味わいを維持することにも貢献してくれます。さらに、程良い光沢を出すという特徴もあります。

アンティーク家具は、大量に生産された現代の家具には無い希少な素材やデザインが採用されているものが多く、インテリアを好む人に高い評価を受けています。

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2022 What Is In For Spring