市街地に森が出来る?屋上緑化の目的と管理方法を学ぼう!


建物の屋上に植樹を行うメリット

屋上緑化は建物の屋上部分に樹木や芝生を植える行為を指します。植木鉢などを並べるのとは異なり、屋上に土壌を敷き詰めて植え付けるのが特徴です。植物は二酸化炭素を吸収して酸素を排出する性質があることから、気温を上昇させる二酸化炭素を減らす効果が期待出来ます。都市部は自動車や建物の冷房機器などから大量の二酸化炭素が排出されるため、ヒートアイランド現象が起きやすい環境です。そのため、屋上緑化による二酸化炭素の抑制は都市部の環境改善に繋がっています。また、植物の緑色が多く含まれた風景はリラックス効果があることから、都市部に居る人のストレスを軽減させる効果もあります。

屋上緑化の管理方法と注意点

屋上緑化は建物に土壌や植物の重みが加わるので、耐久性の改善が不可欠です。特に築年数が経過した古い建物は建材が劣化していることから、安全に屋上緑化を行うためには予め補強を施す必要があります。また、屋上緑化は植物の葉や枝の飛散、鳥などの小動物が住み着くことによる周囲への糞害などのトラブルの発生源でもあるので適切に管理することが重要です。多くの場合、ネットを張り巡らせることで防ぐことが出来ますが、その一方でネットで覆われることによって植物の成長が阻害される問題もあります。冬になっても葉や枝が落ちない品種の植物を選ぶと共に、余分な葉や枝を剪定で取り除いて小動物の定住を防ぐことを心がけます。屋上緑化は環境改善に役立つ一方で周囲への影響も大きいことから、適切な管理を継続出来ることを前提に実施するのが社会的な責務です。

夏に於ける大都市は、夜中の気温が下がらないヒートアイランド現象が深刻化していますが、それを解決する方策としてビルの屋上緑化を積極的に行っています。

次へ 投稿

© 2019 What Is In For Spring