会社員必見!!ビジネスで東京土産を利用する時のポイント


お土産を入れる手提げ袋の選び方

これはビジネス用に限った話ではありませんが、相手に手土産を渡す時に手提げ袋に入れて渡すのは最低限のマナーになります。とはいえ、手提げ袋であれば何でも良いというわけではありません。もし渡す相手が年輩の男性だった時に、ピンクや赤などの派手な手提げ袋を選んでしまうと相手は持ち帰るのに抵抗を感じてしまいます。このように、手提げ袋は渡す相手を意識してして選ばなくてはいけません。

東京で土産を購入する場合、贈答品であることを伝えればお店で用意してある紙袋に入れてくれます。しかし、前述したように相手によっては相応しくないケースもあるので、お店選び共に紙袋についてもリサーチをして、必要に応じて自分で用意することが大切です。一般的に紺や黒は世代や年齢を問わず失敗がないと言われています。

内容だけでなく大きさや重さも考える

手土産を購入する時に見落としてしまう人も多いのがサイズや大きさです。直接相手の自宅に足を運ぶのであればこの点は特に意識をする必要はありません。しかし、取引先の会社など外出先で渡す時にあまりに重かったりかさばるような大き目のサイズでは持ち帰るのに苦労してしまいます。東京土産の中にはこうしたサイズや重量感のある物もたくさんあるので注意が必要です。

もちろん大きくて重い物が好きという人もいるので一概に正解とは言い切れませんが、通常は自分が持ち運んだ時に負担に感じない程度が目安です。ただし、相手が自家用車やタクシーなど移動しやすい物を利用している時は、ある程度オーバーしても問題ありません。そのため、相手の移動手段や受け渡し後のスケジュールといったできる限りリサーチをして選ぶことが大切です。

カンパネラはイタリア語で「鐘」という意味です。主に小さな鐘を指す言葉で、大きな釣り鐘などは別の呼びかたがあります。

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2019 What Is In For Spring