花粉が目に入るのを防いでくれるメガネ!そのメリットとデメリットとは!?


物理的に花粉症の原因をブロックできる

花粉症対策メガネの一番のメリットは、花粉症の原因となる花粉を直接ブロックできることです。目に発生する花粉症は基本的に、花粉が目の粘膜に付着して刺激を与えることで起こります。花粉対策メガネは目の周りを覆って花粉が入り込みにくい仕様となっているため、花粉が目に触れる機会が減ります。そのため、花粉症対策として効果が出やすいです。

幅広い人が使用できる

花粉症対策のメガネは、特定の人しか使用できないということはまずありません。色々な種類があり、幅広い人が使用することができます。度が入っていない伊達メガネタイプを選択すれば、視力が悪くない人や、コンタクトレンズを装着している人でも使用可能です。また、度付きを選択すれば、普段使いのメガネの代わりになる他、サイズの大きなゴーグルタイプだと、普段使いのメガネの上から装着できます。

見た目に影響が出やすい

花粉対策用のメガネは、フレームと顔の間にフードという部品が付いています。そのフードが目の周りの空間をカバーする仕組みとなっていますが、横から見るとどうしても目立ってしまいます。そのため、一般的なメガネよりも存在感が大きくなります。また、縁なしメガネのような特殊なデザインには対応していないのもデメリットと言えるでしょう。

レンズの内側が曇りやすい

花粉対策メガネは基本的に、目の周りの空間を密閉状態に近づけてあるため、通気性が良くありません。そのため、温度差によって曇りが発生しやすいです。そして、一度できた曇りが中々直らないのが弱点です。その弱点をカバーするためには、曇り止め加工が施してあるレンズを選択することが大切です。

花粉症に悩まされる人のうち、メガネの花粉がアレルギー症状を引き起こすケースが少なくありません。わずかに付着した花粉でもくしゃみや目のかゆみなどの原因になるので、こまめな洗浄が不可欠と言えるでしょう。

次へ 投稿

© 2022 What Is In For Spring